ちふれ化粧品

成分辞典「あ」ではじまる成分名

青1

法定色素です。

青404

法定色素です。

赤104(1)

法定色素です。

赤201

法定色素です。

赤202 

法定色素です。

赤220

法定色素です。

赤226

法定色素です。

アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム

皮膜をつくる性質を持ち、主にアイライナーやマスカラに配合されます。

(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMPD

主にヘアセット剤に使用される成分です。耐湿性があり、スタイリングを保ちます。

(アクリル酸アルキル/ジメチコン)コポリマー

耐水性、耐油性のある皮膜形成成分で、主にメイクアップ化粧品や日焼け止め化粧品に配合されます。

アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体 

水溶性の高分子で、アルカリ剤で中和すると粘度が上がる性質を利用し、増粘剤や乳化剤として主に基礎化粧品に配合されます。

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

水溶性の高分子で、アルカリ剤で中和すると粘度が上がる性質を利用し、増粘剤や乳化剤として主に基礎化粧品に配合されます。

(アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマー

アジピン酸、ネオペンチルグリコール及び無水トリメリト酸の共重合体で、皮膜形成成分として配合されます。

(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K

ビタミンCとビタミンEをリン酸により結合させた成分で、保湿成分として配合されます。

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム 

ヒアルロン酸Naをアセチル化したもので、保湿成分として配合されます。

アセチルヒアルロン酸Na  

ヒアルロン酸Naをアセチル化したもので、保湿成分として配合されます。

アジピン酸ジイソブチル

なじみのよい油性エモリエント成分で、難溶性物質の溶剤としても使われます。

アジピン酸ジイソプロピル

なじみのよい油性エモリエント成分で、難溶性物質の溶剤としても使われます。

(アジピン酸/フマル酸/フタル酸/トリシクロデカンジメタノール)コポリマー

アジピン酸、フマル酸、フタル酸及びトリシクロデカンジメタノールの共重合体で、皮膜形成成分として配合されます。

アスコルビルグルコシド

熱や光に弱く酸化しやすいビタミンCを、異なる物質を結合させて安定化させています。
医薬部外品の有効成分として、美白化粧品に配合されます。

アセトン

揮発性が高く、特異なにおいがある透明の液体です。除光液の基剤として配合されます。

アーチチョーク葉エキス

アーチチョークの葉から得られるエキスで、保湿成分として配合されます。

アミノプロピルジメチコン  

ケラチンタンパク質との相性が良い成分で、ヘアケア製品に油性エモリエント成分として配合されます。

アラニン

角質層に含まれる天然保湿因子の一種で、保湿成分として配合されます。

アラントイン

水に溶ける白色の粉末で、肌荒れを防ぐ作用があります。
医薬品成分としても使われている成分で、化粧品への配合規制があります。

アルギニン

アミノ酸のひとつで、水に溶けるとアルカリ性を示すことから、酸性の成分を中和する目的で配合されます。

アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl

アミノ酸系のコンディショニング成分で、主にヘアケア製品に配合されます。

アルゲエキス

海藻類から抽出して得られるエキスで、保湿成分として配合されます。

アルブチン

高山に生育するコケモモやナシ、西洋ナシなどの植物の葉に含まれる成分で美白効果があります。
薬用化粧品には合成品を使用します。

アルミナ

酸化アルミニウムともいいます。水に溶けない白色の粉末で、主にメイク製品に配合されます。

アロエベラ葉エキス

ユリ科植物アロエベラの葉から抽出して得られるエキスで、保湿成分として配合されます。

安息香酸スクロース

安息香酸のスクロースとのエステルで、マニキュア類の可塑剤として配合されます。

安息香酸Na

防腐剤として配合される成分で、酸性領域で効果を発揮する特徴があります。
※成分辞典では、当社商品に含まれる成分の一部を解説しています。内容は随時更新いたします。
ページトップへ

ちふれ化粧品