ちふれ化粧品

ちふれ化粧品の沿革

1947年(昭和22年) 三菱石油株式会社が石油事業停止に伴い、その一部門に化粧品の製造・販売会社のアゼリア薬品工業株式会社を設立。
1951年(昭和26年) 石油事業再開に伴い、島田松雄がアゼリア薬品工業株式会社を三菱石油から独立させ、社長に就任。
1955年(昭和30年) 業務拡張に伴い、営業所を銀座交詢社ビルに移転し、社名を東京実業株式会社に改称。
1958年(昭和33年) 業務進展のため、東京都板橋区に工場を建設。
1959年(昭和34年) 島田松雄が日本化粧品工業連合会の欧米視察に参加。欧米では1ドルでも買える化粧品があることに衝撃を受ける。
1962年(昭和37年) 当社にとって初めての「100円化粧品」を製造。会員向けに販売するも、安すぎて売れないという矛盾に苦しむ。
1966年(昭和41年) 一般市場向けの「100円化粧品」の製造に着手。
1967年(昭和42年) 新たに2つの会員向け「100円化粧品」ブランドを立ち上げる。
一般市場向けに製造していた「100円化粧品」がテレビや雑誌で取り上げられる。
1968年(昭和43年) 全国地域婦人団体連絡協議会(全地婦連)と提携し、「ちふれ化粧品」を発売、婦人会員への組織販売を開始。
提携に当たり、両者で3つの方針「適正な価格」「安全性を重視した製品づくり」「成分・分量の公開」を定める。
1971年(昭和46年) 一般消費者からの要望により、大手百貨店や有名量販店等で「ちふれ化粧品」の販売を開始。
1972年(昭和47年) 業務拡張に伴い、神奈川県横浜市に本社・工場を建設。
1973年(昭和48年) 石油危機による物価急騰の中「100円据え置き宣言」を行い、消費者から物価安定商品として大きく評価される。
1974年(昭和49年) 省資源を考え、容器再利用の「詰め替え化粧品」を発売。
1978年(昭和53年) 「全成分・分量」、「製造年月」を商品本体へ表示開始。
1980年(昭和55年) 愛用者室の前身「消費者室」を開設。
1981年(昭和56年) 業界に先駆けて、フロンガスを使わないスプレーポンプを容器に採用。
1982年(昭和57年) 旧工場を統合し、埼玉県川越市に本社・工場を建設。
1989年(平成元年) エコマーク商品の第一号にノンフロンヘアスプレー、セットローション、ヘアトリートメントスプレーの3商品が認定される。
1991年(平成3年) 東京実業株式会社から、株式会社ちふれ化粧品に社名を改称。
最新設備を導入した新出荷センターを開設。
カウンセリングブランド「綾花」を発売。
1992年(平成4年) 消費者志向優良企業として、通商産業大臣から表彰される。
1997年(平成9年) 商品供給の増大により、大阪府大阪市に西日本物流センターを開設。
1998年(平成10年) 生産能力拡充のため、本社第一工場を拡大。
1999年(平成11年) 物流拠点増強のため、千葉県野田市に東日本物流センターを開設。
消費者志向優良企業のグループ賞を通商産業大臣から表彰される。
2003年(平成15年) 広告方針を変更し、初めての広告に踏み切る。
川越本社工場・渋谷支店(商品開発部門)においてISO9001:2000の認証を取得。
2006年(平成18年) 出荷量拡大のため、東日本物流センターを、埼玉県入間郡に移設。
2010年(平成22年) 川越工場においてISO14001:2004の認証を取得。
2011年(平成23年) バイオポリエチレン容器導入。
女性を応援する企業の象徴的活動としてサッカーチーム「ASエルフェン狭山(現・ちふれASエルフェン埼玉)」とスポンサーシップ契約を締結。
2012年(平成24年) 北海道および九州の物流センターが稼働。
2014年(平成26年) 全国婦人会館・ちふれビル完成。
2015年(平成27年) 福利厚生施設(研修センターおよびグラウンド)を埼玉県飯能市に開設。
ページトップへ

ちふれ化粧品