ちふれ化粧品

紫外線の基本を知って美肌を目指す 春から始める紫外線対策

ぽかぽか気温とともに、紫外線量も急上昇!

暖かな春はおでかけのシーズン。
ぽかぽか陽気に誘われて、お花見やウォーキングを楽しむ人も多いのではないでしょうか。
ところで、この季節、皆さんはどんな紫外線対策をしていますか?

「ちょっとの外出なら大丈夫」なんて油断せず、
一度紫外線対策について見直してみませんか?

紫外線シーズン到来!基本をおさえて万全の対策を!

紫外線の基本

日やけは春先からはじまっています。

1年を通して見てみると、
紫外線量は3月から増え始め5~8月にピークを迎えます。
右のグラフは、1年を通した肌色の変化。
3月頃、紫外線量が増してくると
肌の色がどんどん暗くなっているのがわかりますね。
日やけは夏だけでなく春先からの蓄積であることがわかります。

紫外線量と肌の色の季節変化

紫外線が引きおこす肌トラブル!

シワ・たるみ シミ・ソバカス 乾燥

紫外線には肌に影響を与えるUV-AとUV-Bという二つの波長があります。

  • 肌を黒くする紫外線
  • 肌の奥深くの真皮にまで届く
  • 窓ガラスや雲も通過する
  • 色素沈着やシミ・ソバカスだけでなく、シワやたるみなどの原因にも
  • メラノサイトを活性化し、シミ・ソバカスの原因となるメラニンが過剰につくられる。
  • ハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンを破壊する。
  • 日ざしを浴びた数時間後に肌に炎症を起こし赤くする紫外線
  • 肌の表面に影響を与える
  • 乾燥ダメージやシミ・ソバカスの原因となる
紫外線対策はライフスタイルから!

もともと、化粧品での紫外線防止というのは、紫外線対策の補助的な役割。

ですから、一番効果的な日やけ防止方法は、紫外線にあたらない工夫をすることなのです。

「日やけ止めを塗っているから安心」するよりも、日常の行動で紫外線を避ける習慣を身につけておくことも重要です。

紫外線を避ける、おすすめの生活習慣
これらの生活習慣に加えて日やけ止めを併用することが、紫外線対策の基本となります。

環境省HP「紫外線環境保健マニュアル2008」より一部引用

ページトップへ

ちふれ化粧品