ちふれ化粧品

スキンケアの基本ステップと役割

肌を健やかに保つのがスキンケア化粧品。
スキンケアの手順とそれぞれの化粧品の役割を見直して、いっそう健やかな肌を目指しましょう。

 

スキンケアの基本ステップ

お手入れのステップ

清潔にする

清潔にする

1.クレンジング

  • 石けんだけでは落ちにくい、ファンデーションや口紅などのメイク料をきれいに落とします。
  • しっかり落とさないと毛穴のよごれにつながり、くすんだ感じになってしまいます。                                                                                                                                                                                 

2.洗顔

  • 皮フについた空気中のほこりや汗、古くなった角質や皮脂などのよごれをとり、肌を清潔にします。
  • メーキャップの残りやクレンジングの油膜などがいつまでも肌に残っていると、ニキビなどの原因にもなってしまいます。また、よごれの残った肌に、どんなに良い化粧品でお手入れをしても、効果は期待できません。

肌をすこやかに保つ(スペシャルケア)

肌をすこやかに保つスペシャルケア

1.マッサージ

  • マッサージをすることで、肌の血行を良くし、新陳代謝を促します。
  • 指のすべりを良くし、摩擦を軽減することで肌への負担がかからないようにします。                                                                       

2.パック

  • 肌のキメが整い、ハリのあるなめらかな肌に整えます。
  • パックをはがすとき、余分な皮脂や古い角質、毛穴のよごれを取り除き、肌を清潔にする効果もあります。                                                                                  

うるおいを補給する

うるおいを補給する

1.化粧水

  • 肌に水分や保湿成分を補い、皮フ表面の保湿力を維持し、なめらかで、キメ細かな肌に整えます。                                                                                                                   

2.美容液

  • 水分や保湿成分を補い、肌のみずみずしさを長時間保ちます。
  • 皮フ生理にもとづいた保湿成分や、目的に合わせた美容成分が配合されています。                                                                                    

3.乳液・クリーム

  • 水分、保湿成分、油分を補い、肌のうるおいを保ちます。
  • 油分の膜を作って、肌を乾燥から守ります。
  • 乳液とクリームは目的が同じですので、肌の状態や季節によって選びます。
  • 化粧水で補給した水分を蒸発させないため、油分の膜で保護し、乾燥を防いで肌のうるおいや柔軟性をたもちます。
※ 朝、乾燥が気になるときには、必要に応じてお使いください。
 (メイクの前は、少量でお使いいただくことをおすすめします)                            
ページトップへ

ちふれ化粧品