ちふれ化粧品

みるみるきれい

cheek

失敗知らず!チークポイントでイキイキ美人に

明るく健康的に見せて、顔立ちにメリハリ!

チークAfter写真 チークBefore写真
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • ページトップへ

チークとは...?

◎肌色に血色を補い、健康的に見せます。◎顔に立体感を出し、メリハリのある顔立ちを印象づけます。

チークポイントの位置説明イラスト

ブラシの動かし方説明イラスト

ブラシの動かし方

チークポイントに色が重なることで、自然な発色に。

いつでも迷わない!!失敗知らずのチークポイントを覚えましょう!

チークポイントさえ覚えれば、いつでもベストな位置にチークを入れることができます。

チークポイントの位置

チークポイントはブラシを動かす起点となる場所にあります。目尻と、小鼻の中心の延長線の交わった点の"少し外側"がチークポイントです。

チークを入れる範囲説明図

チークを入れる範囲

入れる範囲はこの写真の大きさを目安に。アイホールや、鼻より下に色が入らないようにしましょう。

チークポイントを確認します

1 チークポイントを確認します

左上のイラストを参考に、鏡を見ながら指先で自分のチークポイントを確認します。

チークポイントから顔の中心に向かってつけます

2 チークポイントから顔の中心に向かってつけます

チークポイントを起点に顔の中心に向かってチークブラシを軽くすべらせるようにしてつけていきます。

コツ

チークをブラシからそのままつけると、つけすぎやムラの原因になるので、ブラシの両面にチークを含ませたら手の甲で余分な粉を落としてから肌にのせていきます。

手の甲で余分な粉を落とす

チークポイントから外側に向かってつけます

3 チークポイントから外側に向かってつけます

ブラシの反対側を使い、チークポイントを起点に顔の外側に向かってつけます。

境目をなじませ、自然にぼかします

4 境目をなじませ、自然にぼかします

肌との境目が自然になじむようにティッシュペーパーの上でブラシについた粉を払ったあと、描いたチークの上と下を丸くぼかします。

Before写真

完成 After写真

健康的で元気な印象がアップ。メリハリのある、立体的な顔立ちに。

  • 化粧下地・コントロールカラー
  • ファンデーション・コンシーラー
  • アイブロー
  • アイシャドー
  • アイライナー
  • マスカラ
  • チーク
  • リップ

きれいを知る最初の一歩

スキンケア
メイク
 化粧水、美容液、乳液…と、たくさんの種類があるスキンケア化粧品。 
「どんな順番で使えばいいの?」「どんな役割があるの?」 
と疑問をもったことはありませんか? 
スキンケア化粧品の基本を知り、いっそう健やかな肌を目指しましょう。
毎日のようにしているからこそ、お化粧は自己流になりがち。
同じアイテムでも、使う順番や心がけ次第で、より美しく仕上がるかもしれません。
いつものお化粧を始める前に、もう一度基本に立ち返ってみませんか?
ページトップへ

ちふれ化粧品