ちふれ化粧品

みるみるきれい

makeup base

肌色を明るく整えて、ファンデーションのフィット感アップ

正しい量とぬり方でファンデーションのつきやもちがぐっと変わります。

化粧下地・コントロールカラーAfter写真 化粧下地・コントロールカラーBefore写真
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • ページトップへ

化粧下地とは...?

◎ファンデーションのつき、もちを良くし、仕上がりを美しくします。◎化粧くずれを防ぎます。◎肌を保護し、乾燥を防ぎます。

コントロールカラーとは...?

◎くすみの気になる目もとや赤みの気になる箇所に部分的に使用します。◎肌の赤みやくすみをカバーして、肌色を均一に整えます。

真珠粒大〈目安:直径8mm程度〉

1 真珠粒大を手の甲にとります

手の甲に置いた化粧下地を、薬指または中指で少しずつとります。

化粧下地塗り方イラスト

化粧下地塗り方写真

2 顔の中心から外側へ向かってのばします

❶❷両ほお→❸鼻まわり→❹❺口まわり、❻❼額・目まわりの順でていねいにのばします。

指全体を肌に密着させるようになじませる手の力を抜いて、指全体を肌に密着させるようになじませましょう。

コツ

厚ぬりに気をつける!

◎全体にムラなくのばします。薄く均一にぬるのがポイント。特に皮フの薄い目まわりや、皮脂の出やすい小鼻は薄くていねいにのばしましょう。

◎フェースラインは「ぬり忘れキケンゾーン」。しっかりのばしましょう。

ぬり忘れキケンゾーン

コントロールカラーで色ムラ補正 イメージ写真

さらに完成度を高めるために

プラスワン コントロールカラーで色ムラ補正!

くすみの出やすい目の際や赤みが気になる箇所に、指先で少しずつ、やさしくなじませます。色ムラをカバーして肌色を均一に整え、きれいに仕上がります。

Before写真

完成 After写真

肌色のムラがカバーされて、均一な仕上がり。肌全体が明るく整いました。

  • 化粧下地・コントロールカラー
  • ファンデーション・コンシーラー
  • アイブロー
  • アイシャドー
  • アイライナー
  • マスカラ
  • チーク
  • リップ

きれいを知る最初の一歩

スキンケア
メイク
 化粧水、美容液、乳液…と、たくさんの種類があるスキンケア化粧品。 
「どんな順番で使えばいいの?」「どんな役割があるの?」 
と疑問をもったことはありませんか? 
スキンケア化粧品の基本を知り、いっそう健やかな肌を目指しましょう。
毎日のようにしているからこそ、お化粧は自己流になりがち。
同じアイテムでも、使う順番や心がけ次第で、より美しく仕上がるかもしれません。
いつものお化粧を始める前に、もう一度基本に立ち返ってみませんか?
ページトップへ

ちふれ化粧品